シルクについて

シルクについて

シルクの成分

シルクの成分は人の肌と同じです。

【人間の肌・筋肉】と【ほぼ同比率で18種類のアミノ酸】を含んでいる天からの贈り物

絹の成分は人の肌と同じアミノ酸が集まった、たんぱく質でできています。
その18種類のアミノ酸の比率も人の肌とほぼ同じ、さらにPhも肌と同じ弱酸性です。
なので、絹はとても肌なじみがよく「自然の素肌」と呼ばれるゆえんです。

『シルクアミノ酸』は『人体に最も適合する有効なアミノ酸』。
効率良く吸収するので、お肌・筋肉の変化を早く感じていただけるのです。
アミノ酸(たんぱく質を作っている最小の成分)=すべての生命の素(細胞・脳・内臓・血液・神経・筋肉・髪・DNAもアミノ酸からできています)

「安全」、「身体にやさしい」は勿論、肌を蘇らせるシルク。

シルク繊維は、適温性、適湿性に優れているだけでなく、紫外線をカットしたり、抗菌作用なども備えており、蚕が繭の中で健やかに育つために必要な環境を作り出すことができます。

シルクの成分は人の肌と同じアミノ酸が集まったタンパク質でできています。その18種類のアミノ酸の比率もほぼ同じ、さらにPhも肌と同じ弱酸性です。つまりシルクは「自然の素肌」と言えるのです。

アミノ酸不足は老化の原因!

必須アミノ酸はほかのアミノ酸での代用不可。外から補うしかありません。

アミノ酸で肌再生・脂肪燃焼・免疫力・集中力・体力アップ。アミノ酸は、コラーゲン(ツヤ・うるおい・弾力を保つ)を作る原料であり、自らのコラーゲン生成力を高めます。

絹化粧品は「シルクアミノ酸」が主原料なので、皮膚より浸透し、肌を効率よく活性化することができます。

アミノ酸の働き

肌再生アミノ酸のプロリン・アルギニンは、コラーゲンの原料として肌のハリをよみがえらせます。

システィンは、シミの原因となるメラニンの過剰な生成を抑えます。

▼シルクのアミノ酸構成 ※は必須アミノ酸

  • グリシン・・・35.5%
  • セリン・・・13.5%
  • バリン※・・・2.7%
  • グルタミン酸・・・1.6%
  • スレオニン※・・・1.1%
  • イソロシン※・・・0.9%
  • リジン※・・・0.5%
  • プロリン・・・0.4%
  • ヒスチジン※・・・0.3%
  • アラニン・・・27.7%
  • チロシン・・・10.0%
  • アスパラギン酸・・・1.8%
  • フェニルアラニン・・・1.2%
  • アルギニン・・・1.0%
  • ロイシン※・・・0.7%
  • シスチン・・・0.5%
  • トリプトファン※・・・0.4%
  • メチオニン※・・・0.2%

シルクは自分の肌の力を高め、美肌の源を活性化

真皮内の「線維芽細胞」は、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す源となる細胞です。線維芽細胞が活発に働いている間はこれらの新陳代謝も活発に行われ、ハリと弾力のある瑞々しい肌を保つことができます。
しかし、歳を重ね、度重なる紫外線などのダメージにより、線維芽細胞が衰えて働きが悪くなると新陳代謝は落ちます。そしてそれに伴い、コラーゲンやエラスチンが変性することにより弾力を失い、ヒアルロン酸が失われることで水分が徐々に減少します。
その結果、真皮組織は緩んだ状態となり、皮膚にシワやタルミが表れるのです。

若々しい肌を保つには、真皮の中で活発に働く線維芽細胞が必要になるのです。

最近の研究で、シルクアミノ酸は肌の健康の元となるコラーゲンやエラスティンを生成する「線維芽細胞」を増やすことがわかってきました。

シルクは紫外線をカットする

絹は日光の紫外線によって黄変(おうへん)します。これは絹を構成しているアミノ酸が、空気中の酸素や紫外線によって、酸化・分解を受けるためです。

それは肌が日焼けをする事と同じ原理で、肌の内部にこれ以上紫外線などの有害物質を取り入れないようにするための自然の防御機能なのです。


製品へのこだわり

人に安全でやさしくこだわりの商品作り

WAMI(ワミ)は、アーダンが製造する「シルクシリーズ」を取り扱っています。

アーダンでは、

  • 一つめは、シルクを基礎の材料とすること
  • 二つめは、天然の素材をつかうこと
  • 三つめは、界面活性剤をつかわないこと

この三つのテーマを柱とすることで、必然的に人に安全でやさしい商品作りができると考えました。

シルクを基礎の材料とする

「シルクを基礎の材料とすること」とは繭の力を余すことなく活用することを意味します。

それは繊維芽細胞を充分に活性化させ、若々しさを保つと同時にクレンジング等においてはシルクアミノ酸がもつ優しい界面活性力で肌の汚れをしっかり落とせるようにすることです。

度重なる試行錯誤により、アーダンは上質な繭のシルクフィブロイン(プロテイン・アミノ酸)を製品の「基材」として使用する方法を開発しました。

シルクプロテインって何?

シルクの有効成分に着目され、原料としても使われていますがセリシンという絹の表面の成分を配合していたり、使用していたとしても少量使用しているだけでシルク配合と謳っている商品も少なくありません。

化粧品の成分として、少量使用していてもシルクプロテイン配合と謳えるのです。
1%未満なら順不同で成分として表示できます。(本体の裏もしくは箱の裏に成分表示)
※食品でも原料成分の多い順に表示が義務付けられています。

繭は大きく分けて二つの成分から成り立っています。フィブロインという細い繊維の束とそれらをおおうセリシンという膠(にかわ)の役割をしている成分です。

アーダンの「シルクシリーズ」は、シルクの上質の部分フィブロインのみを主原料としています。

このシルク商品は、「まゆ」を製品の用途に応じて、プロテイン、ペプチド、またアミノ酸まで加水分解(酵素分解)した各種の原料を用いています。

そして、そのシルク原料をクリームをはじめとした固形系の商品では約70%~100%使用しています。そのため「主原料がシルク」と謳っているのです。また液状系商品においても肌のことを最優先に考え、たっぷりとシルク原料を使用しています。

シルクの働き

肌の小さな一つ一つの細胞は、油水水油がつながって出来た細胞膜ータンパク質で構成されて、外からの刺激や雑菌から身を守るために汗や油を出して弱酸性のバリヤーを作ります。

シルク化粧品では、そのバリヤーを守り美肌を保つためにシルクを基材とし、天然の上質の材料のみを使用して出来ています。

では、シルクがなぜ肌に有効なのか?

  • シルクはタンパク質から出来ています。そしてそのタンパク質は人間の肌、筋肉などの成分に良く似ています。つまり、肌と同成分なので、肌に優しい。
  • シルクは人間の肌と同じ弱酸性です。つまり、肌のペーハーバランスを崩さない。
  1. シルクは紫外線をカットします。
  2. シルクは保湿作用、放湿性が高く、肌に潤いを保ちます。
  3. シルクには界面活性力があり、成分が肌になじみやすい。つまり、シルクアミノ酸の有効成分が肌に浸透する。
  4. シルクのタンパク質(18種類のアミノ酸を豊富に含む)が肌のコラーゲンを作る繊維芽細胞を作動させる。つまり、自分の肌のコラーゲンを元気にし、ハリ・弾力のある、キュッとしまった肌になります。
  5. 繭から生まれたシルクには、ウイルスや雑菌に対する抗菌・殺菌作用があります。

蚕の繭は女性の子宮と同じで子供を大切に守ります。

だから…貴方の大切な肌も守ります。

さらに、アーダンのシルク商品は、自社工場内で女性だけの手によって界面活性剤を一切使わないこと、天然素材を使うことにこだわってつくられています。

奄美大島で製造

アーダンは大海原に静かに佇む「奄美大島」に平成7年に自社工場を設立しました。

奄美大島は水や空気が一遍の汚れもなく、化粧品作りには最適な場所だったのです。

さらに、アーダンのこだわりの化粧品作りには欠かせない、「黒砂糖や海塩(天然にがり)」も奄美大島ならば良質なものがそろえやすいのも大きな理由の一つです。

アーダンの多くの製品には黒砂糖が使用されていますが、原材料のサトウキビには奄美大島産を使用しています。
絞ったサトウキビの汁から作られている黒砂糖は、カルシウムなどのミネラル分が多く含まれています。

「繭を洗うと手がきれいになる」大島紬で知られる奄美大島で紬を紡ぐ女性たちの間で伝わっている言い伝えです。

繭を煮て丁寧に洗いに生糸を引く作業を繰り返すことで、不思議と手が艶やかで美しくなることから、このような言葉が語り継がれるようになったのです。

アーダンはこの言い伝えに着目し、シルクの持つ不思議な力を余すことなく美容と健康に生かすために、三つのテーマを掲げ、研究を始めました。

界面活性剤を使いません

界面活性剤とは一言でいうと水と油を混ぜるために使われるものです。分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(新油基、疎水基)を持つ物質です。
その使い方によっては、とても有用なものですが、同時に、界面活性剤はタンパク質を壊す性質も持ち合わせており、私たちの細胞を傷つけ、手荒れ・かぶれなどの原因の一つになっているのも事実です。

界面活性剤は皆さんご存知のように油を落とすときに使います。
そして油汚れを取るように肌の皮脂を取り、肌のバリヤーを突き破り、油水水油の配列を壊し膜が破壊され細胞を守ることが出来ない状態になり、そして体内にいとも簡単に浸透していきます。

科学技術庁でのウサギを使った動物実験では血液へ入る量はウサギの塗布実験で0.53%とされています。
血液中に入った界面活性剤はどこへ行くのでしょうか?
体内では毒物と判断され、肝臓に運ばれていきます。果ては、肝臓障害の可能性もあります。

このように非常に毒性の高い界面活性剤がさまざまなところで姿や名前を変え、日常生活のあらゆるところで活躍しています。

界面活性剤は、皮膚の細胞をこわし、シミ・シワ・たるみの原因の一つといわれています。

シルク化粧品

保湿性・放湿性が高く肌に潤いを与え、紫外線をカット。
抗菌殺菌作用があり、コラーゲンを活性化し肌を修復し自然に弾力・はりのある艶やかで若々しく美しい肌へと導いてくれます。

肌の天然保湿因子(NMF)と同じ成分でできています。
肌と同じ弱酸性で肌に優しく、清潔に保ちます。
紫外線をカットし、シワ・シミ・そばかすの原因を抑えます。

繭のアミノ酸の構造
ダイヤモンド構造と同じ構造。
光の屈折率で肌もダイヤモンドのような輝きを放つことができます。特にファンデーション・パウダーは顕著に輝きを放ちます。
ダイヤモンドの輝きを演出するのでカメラマンからは絶賛されます。
"透明感のある美しい肌を撮影できる" と...

こだわりの原料

シルク化粧品

絹(加水分解シルク、シルク末)

シルクの絹糸の部分(フェブロイン)と繭を形作るニカワ部分(セリシン)。
両方とも原料として使われております。
  • 紫外線をカットします。(チロシン)
  • 殺菌作用があります。
  • 皮膚のコラーゲンを生成し、お肌に張りを与えます。
  • 肌のPH値を正常化します。

ごま油

化粧用ゴマ油は、精製度が高く、透明で匂いが無いのが特徴です。
  • エモリエント(お肌を軟らかくする)効果があります。
  • 脂肪を燃焼し、潤いを与えます。

スクワラン

深海に生息する深海ザメ由来のオイル。肝油中に多く含まれるスクワレンは酸化しやすいので、水素を添加し、安定した形のスクワランとして使用しています。
  • 皮膚に対する浸透性がよく、エモリエント効果に優れています。
  • 新陳代謝を活発にします。

オリザオイル(コメ胚芽油)

米の胚芽の部分からとれるオイル。オリザノール、ビタミンA、Eを含み保湿効果があり、お肌を保護します。
  • 日焼け防止作用、保湿作用、血行促進作用、消炎作用があります。
  • お肌を軟らかくするエモリエント効果があります。

オリーブオイル

オリーブの実から搾ったエクストラバージンオリーブオイル。
  • 組織の修復を助けます。皮膚を軟らかくするエモリエント効果があります。
  • 地肌と髪の潤いを保ちます。
  • 紫外線を吸収する働きがあります。(UVカット)

ローズ水

ローズ水は、バラの花弁を水蒸気蒸留したエキスです。
  • 吸収性に優れ、肌をしっとりさせます。
  • 香りが気分をほぐし、美肌水・芳香水として愛用されています。

コーンスターチ

とうもろこしでんぷんの総称で無味無臭の白色粉末。
  • 絹の水分を吸収する働きがあり、滑らかな使感が得られます。
  • 食品、繊維、紙類の糊料として利用されています。

カラギナン(海草エキス)

カラギナンは紅藻類の海藻に含まれる多糖類エキスです。紅藻類海藻から抽出、精製される天然高分子物質で食用として利用されています。
  • 保湿効果があります。

海塩(深層水、天然にがり)

海のきれいな、沖縄の深層水と、奄美大島の天然にがり。
  • 浸透性に優れ、肌に優しく馴染みやすく、高い保湿効果があります。
  • 引き締め効果があります。
  • 防腐効果を上げます。

防腐剤

BG・・・保湿性のある液状の水溶性基材成分、化粧品を微生物から守る抗菌性の保湿剤、溶剤等の目的です。
パラベン・・・化粧品や、食品に保存料として使われています。分子量が大きいため肌から吸収されることはありません。

ハチミツ

ハチミツは、保湿効果に優れており、保湿剤、保水剤、湿潤剤として化粧品に配合されています。また、収れん、消炎作用もあります。
  • 乾燥した肌にうるおいを与えます。
  • 肌をなめらかにします。(成分に含まれるビタミンB6は、肌や皮膚炎に働きかけます。)
  • 殺菌・抗菌作用があります。

黒砂糖エキス

保湿の主体である糖蜜に加え、マグネシウムやカリウムなどのミネラルを豊富にふくむため、古くから美肌効果があると言われてきました。
  • 天然成分であり、敏感肌にの方にもよい。
  • 他の美白成分との相乗効果により角質層にも働きかけます。
  • 美肌効果、美白効果、保湿効果があります。

褐藻(かっそう)エキス

保湿の主体である糖蜜に加え、マグネシウムやカリウムなどのミネラルを豊富にふくむため、古くから美肌効果があると言われてきました。
  • 保湿作用に優れる(乾燥から肌を保護・保護膜を作る・肌に潤いを与える)。
  • ハリを持たせる。
  • 血行促進作用。
  • リパーゼ活性(脂肪分解性)→ 皮脂分泌を促進させ引締め効果が期待。

蜜蝋

蜜蝋は古くから化粧品として使われており、ヨーロッパでは火傷や肌の炎症を鎮める用途でも用いられています。
  • 肌に優しく、抗菌・保湿作用も持っていると言われています。化粧品においては感触の調整や肌の密着性を高める目的で配合されています。

顔料

酸化チタン・・・着色性に優れ、紫外線カット効果があります。
酸化鉄(赤、黄、黒)・・・ 退色しにくく、着色顔料として使われています。

サプリメント

にんにく

にんにくは、昔から体によい食品として親しまれ、「健康野菜の王様」と言われています。
  • あの特有の強い臭いには赤痢菌を減らすほどの強力な殺菌作用があります。
  • 血管内のコレステロールや脂肪を分解するはたらきがあり、血液をサラサラにし動脈硬化を予防します。
  • 胃の働きを活発にしたり、大腸を刺激して便秘や下痢などを改善する整腸作用があります。
  • 肝臓の細胞を活性化して肝臓を守り、肝機能を健康な状態に戻すはたらきがあります。
他にも血圧を安定させたり、肩こりや冷え性、神経痛などにも効果があります。

かんてん

寒天は、約80%の食物繊維を含み、あらゆる食品のなかで一番多く、「食物繊維の王様」とも呼ばれています。
食物繊維には、特に血圧降下作用、コレステロール低下作用があることが明らかになっています。このことにより糖尿病や高脂血症の改善に効果を期待することができます。
また、寒天オリゴ糖に、強いガン抑制作用や抗酸化作用があることが日本ガン学会で発表されました。こうした寒天のすぐれた機能を上手に利用すれば、便秘・肌荒れ・肥満防止・高血圧予防・大腸ガン予防・糖尿病等に効果的です。

絹結髪

ハイビスカス花エキス

亜熱帯地方に育ちビタミンが豊富に含まれるハイビスカス。日本の楽園と呼ばれる奄美大島では、古くから「しなやかで美しい黒髪を保つ植物」として親しまれ、髪を洗う時に使われてきました。

ゴボウ根エキス

ゴボウはキク科の多年草。ユーラシア大陸が原産。根から摘出したエキス。

イランイラン

マダガスカル原産の花。リラックスできるエキゾチックな香りの精油。

アルニカ花エキス

ヨーロッパ山岳地方の酸性土壌の牧草地に生育するキク科の多年草。

オドリコソウエキス

日本全土の山野に自生する多年草、シソ科植物。茎、葉、花から抽出したエキス。

ローズマリー

地中海沿岸が原産のマンネンロウ属・シソ科の植物。

セイヨウキズタエキス

ウコギ科植物、セイヨウキズタの茎、葉から抽出したエキス。

ローマカミツレ花エキス

キク科の欧州原産の多年草で、薬用植物として有名。花から抽出したエキス。

オランダカラシエキス

セリ科植物。オランダカラシ(クレソン)の全草から抽出したエキス。

セイヨウアカマツ球果エキス

球果をPG(プロピレングリコール)や精製水などで抽出して得られるエキス。

ニンニク

中央アジアのキルギス地方原産。ユリ科ネギ属の多年草。

シルクの紫外線防御指数

紫外線防御指数

紫外線から肌を守り、いつまでも美しい肌へ。
シルクの成分は人体と同じアミノ酸。紫外線をカットし、肌の中から美肌をつくります。

SPFは肌が赤くなる原因を防ぐ指数です。
PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。PAは、日本化粧品工業で効果により、3段階に分けられます。

商品名 SPF PA
初絹シルクマッサージクレンジング 20 ++
初絹ピュアレストシルクウォッシュ(洗顔) 10
初絹ピュアレストシルククリーム 30 +++
初絹シルクファンデーション 各色 40 +++
シルクパウダー 35 +++
シルククリームファンデーション 各色 45 +++
シルクアミノスキンケアクリーム 10
シルクシャンプー 6
スーパーシルク 6
スーパーシルク II 6
スーパーシルク3 6
純絹シルクマッサージクレンジング 25 ++
純絹シルクウォッシュ 12
純絹シルククリーム 35 +++
絹結髪(きぬゆいかみ) 6
シルクリップエッセンス 12 ++
シルクポイントケア 12 ++

SPFとPAとは

SPFとPAは化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値をいいます。

▼SPF
(Sun Protection Factor/サンプロテクションファクター)… 紫外線防御指数
UVB波の防止効果を表す指標。紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したもの。
SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになる。
【具体例】
赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、20×30=600分。約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになる。
▼PA
(Protection Grade of UVA/プロテクショングレイドオブUVA)… UV-A 防御指数
UVA波の防止効果を表す指標。SPFは肌が赤くなる原因を防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぐ。
PAは、日本化粧品工業で効果により、次の3段階に分けられる。
  1. PA+ :(PFA2以上4未満)… UV-A 防御効果がある。
  2. PA++ :(PFA4以上8未満)… UV-A 防御効果がかなりある。
  3. PA+++ :(PFA8以上)… UV-A 防御効果が非常にある。

紫外線の種類

紫外線とは地球に到達する太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことを指し、UVA波、UVB波、UVC波の三つに分けられます。

▼UVAとUVBの特徴
UVA UVB
肌への透過度 表皮を透過し、真皮へ到達 表皮内で散乱吸収
肌への影響、特徴
  • 皮膚を黒くする。日焼けを起こす
  • 窓ガラスを透過
  • UV-Bの作用を増強
  • 光線過敏症を生じる紫外線
  • 真皮中の繊維質を変化させ、皮膚の弾力を焼失させる
  • 肝班の助長
  • 皮膚を黒くする。日焼けを起こす
  • ビタミンDの合成。
  • 発癌の原因
  • 皮膚の老化(光老化)
  • シミ、しわ、乾燥
  • 窓ガラスはほとんど透過しない
  • 角質を増加させ、ニキビの原因に

月別紫外線量推移グラフ

シルクの不思議な力

シルクは、洋の東西を問わず女性の素肌を美しく保つ素材として長く愛用されてきました。
クレオパトラは、シルクの衣服を好んで着用していたと言われていますし、舞妓さんの間では「絹の布美容法」が、今でも受け継がれているそうです。

また、昔は手術のあとの縫合は、傷あとの残りにくい絹糸が使われていました。これは、シルクのタンパク質が人間の肌、筋肉等をつくる成分とほとんど同じであり、皮膚へのなじみがとてもよいことを昔の人々が経験的に知っていたためです。
そして、シルクのこの特性を美容と健康に生かせないかとさまざまな研究がなされ、その結果に大きな期待が寄せられています。

衣服品としてのイメージの強いシルクを“食べる”と言うと、驚く方が多いのも無理はありません。

シルクは18種類の良質なアミノ酸で生成されています。このシルクアミノ酸には多くの働きがあることがわかってきました。

スポーツ界では、良質の筋肉をつけるために、シルクアミノ酸を補給しながら、ランニングや水泳などの有酸素運動を行うアスリートが増えているといいます。
またファッションモデルの中には、シルクアミノ酸の脂肪を燃焼させる働きに注目し、健康的に体系を維持するためにシルクを接収している人がいるそうです。

絹・蚕・桑は漢方薬として長く重宝されてきました。そして近年、西洋医学でも絹・桑の葉に関する研究が行われています。

肝機能改善・血糖値のコントロール・コレステロール値の抑制、アトピー性皮膚炎の改善・関節リウマチの緩和、痴呆症の予防など少なくない病気の治療に効果があることがわかってきました。

繭は、蚕という生命を厳しい環境から守りその中で育みます。

シルクアミノ酸の働き

アミノ酸の脂肪燃焼

基礎代謝量を上げる

人が生きていくために必要な最低限のエネルギーの量です。つまり、安静にしているときに消費されるエネルギーの量。

基礎代謝量が減ると少し食べても太りやすくなります。

アミノ酸を摂取することで基礎代謝量が増え脂肪を効率よく燃焼。


INFORMATION

外からだけでなく、内からも美しく健康であるよう安心して使える製品を厳選してご紹介いたしております。

スタッフ自らも使用し、納得したものを販売しております。
自信を持っておすす出来る製品ばかりですので、ぜひお試しください。

製品に対して、ご使用に対して、などお気軽にお問い合わせください♪
店長日記はこちら >>

会員限定ページ
初絹・純絹シリーズ別一覧
よくあるご質問


ご愛用者様から頂いたお声を紹介しています。
ご使用の参考にも。


1月29日(日)18:30~ 夢の扉+(関西ではMBS毎日放送/4チャンネル)に、シルク商品の共同研究をしていただいている『朝倉教授』が出演されました。奄美大島の養蚕にも協力されています。

絹を利用した医療研究、まさに「夢のようなシルクの可能性」が紹介されました!!

夢の扉の案内を詳しく見る>>

QRコード

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【オンラインショップ営業時間】

【ご注文受付】
24時間受付中
【お問合応対】
9:30~17:30
火~土
※日・月、祝祭日は定休日

ページトップへ